光り輝く金閣寺

京都は観光地として有名ですね。特に、古くから都が存在した地域でもありますので、建物も古いものが多く、伝統的なお料理や、舞妓さんなどの存在もあって、外国人にも人気の観光地だといえるでしょう。
ただ、あまりにも多くの見所がありすぎて、具体的に何があるのか個別に上げていくのも骨が折れるほど。そこで代表的な京都の観光地をご紹介していくことにします。
人によって京都の観光地の代表格というのは違うと思いますが、個人的には金閣寺が有名ではないだろうかと思います。特に海外の観光客にとって、日本の金箔技術の粋を結集したきらびやか、かつ繊細な日本建築に度肝を抜かれる人が多数いるということです。もちろん私たち日本人であっても、晴天の青空の下、光り輝く金閣寺とそれを映す池の様子がなんともいえませんね。

清水寺・東映太秦映画村・伏見稲荷神社

続いては、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、といったような慣用句に使われていることでも有名な清水寺(きよみずでら)。こちらも、お寺の裏がくだんの慣用句に表現されている清水の舞台となっていて、見晴らしもよいです。日本人なら一度は行っておきたい京都の観光地ですね。
また、京都の東映太秦映画村は、東映の京都撮影所を一般公開した映画のテーマパークとして有名です。大きなセットといえばセットなんですが、建物などはもちろん恒久的に利用できるように頑丈な作りになっており、いわば江戸時代の城下町を再現した町となっているとも言えます。時代劇の殺陣ショーなどが繰り広げられており、運がよければ水戸黄門などの時代劇の撮影シーンに遭遇できるかもしれません。
自由に出入りできる京都の観光地としては伏見稲荷神社があります。全国に3万以上の社があるとされる稲荷神社の総本社で、商売繁盛の神様として有名なため、全国から商売で成功したいと願う人が一年中参拝に訪れています。千本鳥居と呼ばれる、途切れなく真っ赤な鳥居が無数に続く鳥居のトンネルは、テレビコマーシャルなどのロケ地としても利用されたりして、特に有名になっています。

京料理

京都の観光地といえば、京都のお料理も見逃せないポイントですね。京野菜と呼ばれる京都独特の美しい野菜を使ったお料理は、他の地域では味わえない、目にも楽しく、食べておいしいお料理は、日本人、外国人とわず、魅了しているのです。京都の観光地を巡っておなかが減ったら、ぜひ京都料理に舌鼓を打ってみてください。
京都の観光地をめぐることで日本のよさを再発見する旅ができればいいですね。

京都の観光地